So-net無料ブログ作成

はじめまして。 [ご挨拶]

スポンサーリンク




こんにちは。


皆さんは、宿曜占星術はご存知でしょうか?


占いには色んな種類がありますね。

姓名判断や、手相、西洋占星術、四柱推命…。。



色々ある中で、私が個人的に面白いなと思っているのが宿曜占いです。


宿曜占いには、(日本式では)27種類の宿(キャラクター)があり、
生年月日から自分がどの宿なのかを割り出します。
(中国式の宿曜占星術では「牛宿」を入れて、全部で28宿ある場合もあります。)

全部言うとこちら↓ 昴宿、畢宿、觜宿、参宿、井宿、鬼宿、柳宿、星宿、張宿、翼宿、軫宿、角宿、亢宿、底宿、 房宿、心宿、尾宿、箕宿、斗宿、女宿、虚宿、危宿、室宿、壁宿、奎宿、婁宿、胃宿


各宿のキャラクターはさておき、
このキャラクター分析がなかなかどうして、「納得~」するものなんです。


もちろんそれが全てではないんですが、
”比較的”という意味で、

「星座」や「血液型」などによる性格分析なんかより全っ然、イイとこついてくるんです。



そして、この占いの面白いところはもう一つ。
”相性分析”です。


宿同士の相性を見ていくと、「6つの関係」のいずれかに当てはまります。

この相性の見方も面白いのです。


普通は、「あなた達は相性がいい!」と言われれば、「私たち二人はハッピー!」と連想しますよね?


でも、宿曜においては必ずしもそうとは限らない。

「私にとっては得する相性。でも相手にとっては損する相性。」もあるし、その逆もしかり。



そりゃそうですよね。

恋愛していれば(恋愛に限らずとも)
理不尽だと思う事もたくさんあったはずです。それでも好きだし、幸せだし、見返りは求めてないもん、と言いつつ、どこかでちょっとアンフェアな気のする関係だってあります。
逆もあります。


そうゆうもんです。


宿曜占いは、こうゆうところをあぶりだすようなところがあるので、面白いなって私は思っています。


具体的なところは次回から。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。